むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

摂取不捨 目的と手段の合一

目的と手段は別々であり、手段は目的を達するための方便である。

 

世間一般の考え方だと思う。

 

しかし、これだと問題が残る。

 

一つは上下の問題。

 

二つは持続の問題。

 

前者は、目的が手段よりも優位に立つ。

 

後者は、目的が達せられた後、新たな目的が必要となる。終着点がない。

満足できない。

 

本願に遇うということを、自分なりに領解するならば、

 

生きること、そのものが、目的となる、ということだと味わう。

 

生きること、わが身には、必ず如来がかげのごとく寄り添う。

 

故に、常に煩悩即菩提。

 

煩悩のわが身そのままが、如来との決して切れない絆に

転じてくださった。

 

故に、本願とともに生きること、自分の浅ましさを見つめることそのものが、

生きる目的となった。

 

本願の根拠は、光明無量(智慧)と寿命無量(慈悲)であり、永遠である。

決して途絶えることはない。超世願。

 

だから、摂取不捨。大悲無倦常照我身。常にわが身を照らして下さる。

 

本願とともに生きることが、目的であり、手段であり、おのおのは、

もはや分けることができなくなった。

 

このことを不一不二。表裏一体と味わう。

 

本願に遇わせて頂いて、本当に良かった。

 

どうか、お念仏とともに、ご本願とともに歩んでください。

 

答えはいつでもそばにあります。

 

答えとは、いま、ここにひらく、一念であります。

 

本願とともに。南無阿弥陀仏