むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

苦しみを超える(横超)

私の住むこの世界のことを、仏法では、

 

娑婆(しゃば)と示して下さっている。

 

娑婆とは「堪忍の土」(かんにんのど)という意味があり、

 

この世界は「耐え忍ばねばならない場所」であるという教えです。

 

人はよく「苦しい」といいます。

 

仏法における「苦」の意味は「思い通りにいかないこと」であります。

 

苦しいといわずとも、

「むかつく」「うらやましい」とか、そういう思いは誰にでもあるはず。

 

「むかつく」とか「うらやましい」とか、これらの心は、表面に過ぎず、

その根には「貪欲」があります。

 

その心は、

「一切は、自分の思いのとおりにゆく」「わたしの願いは叶う」と

信じている心と味わいます。

 

つまり「思い通りにいく」という思いが「思い通りにいかない現実」に

直面する故に「苦しい」、「死にたい」と感じさせる因である。

 

しかし、その心の更に潜む根源は「我執」(執着する心)であり、

ただその心が思っているだけ、でその思いの根拠はない。

 

だから、「私の思い通りにいかない世界」は「堪忍の土」であります。

 

そして、貪りや怒りの心は死ぬまでなくなりません。

 

しかし、自分はそういう所に住んでいるし、そういう心から

離れることができない、沈没しているのだな、と観る。

 

如実知見。

 

これが、如来の智慧であり、これが、

法蔵比丘がわたしに回向するために成就してくださった、

南無阿弥陀仏の御名号であります。

 

如実知見とは、あるがままに見るということ。

 

 

愚かなわたしを、愚かであると確かに受け止めること。

 

今生は、娑婆という世界に身をおいているため、耐え忍ばねばならないこと。

 

花を花と見て、木を木と捉える。

 

歩くときは、歩くことと一つになる。

 

これが、思い通りにいかないことを、思い通りにいかないままで、

 

解決する妙法であると体解します。

 

死ぬときは死ねばいい。生きているなら、生きればいい。

 

苦を苦と受け止める。それが苦を苦を無効にすること。

 

転ずる如来の力。

 

力なくして、娑婆の縁の尽きるとき、

 

そこには、自分の行くべき処が既に準備して下さっている。

 

因があれば、必ず果が出る。

 

今の今まで、因が自分にないことを知らなかった。私には智慧がない。

 

しかし、因があれば、必ず彼岸に至る。必然と頂きます。

 

速入寂静無為楽 必以信心為能入(正信偈

 

本願とともに。南無阿弥陀仏