むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

善知識は一人ではない

まことの仏法を説いてくださる方は、この人だけだ。

だから、自分はこの人から聞くしかないんだ。

 

こんな事、思いませんか?

 

これは偏りです。

 

お釈迦様は、阿弥陀経で、東方、 南方、西方、北方、

 

下方、上方の世界で、自分が、今、阿弥陀仏の不可思議の功徳

 

讃嘆する如く、ガンジス川の砂の粒の数の仏が、

 

阿弥陀仏の不可思議の功徳、すなわち、本願の名号を讃えて

 

おられるのだよ、と仰ります。

 

もし、現代において、たった一人の善知識しか生めないような

 

本願なら、数え切れないほどの諸仏方が、阿弥陀さんを

 

讃嘆するでしょうか?

 

一切の諸仏方に護念せらるる経と、お釈迦様が仰るでしょうか?

本願の名号、念佛を、保証されるでしょうか。

 

本願は、そんな脆弱な、死んでいるようなものではない。

 

今現在説法。過去未来現在を、貫き、躍動し、

多くの人を自由にし続ける大きな力、畢竟依であります。

 

素晴らしい師が、素晴らしい弟子を育て、お念佛の教えは

 

幸い、今、私の上に届けられています。

 

親切にも、現代にはネットで、本で、沢山の情報を探すことが

できます。法話案内のサイトで、最寄りのお寺の法話日程も

簡単に得られます。

 

最後にいいたい。

 

自分の目で、耳で、身体を運んで、

 

本当に善知識は一人ではないのか、自分自身で確かめる必要があります。

 

そして、自分の意思で、選択しなければならない。

 

選択とは、選ぶことであり、それは即ち捨てることになるのだから。

 

それで納得して今に留まるのと、違う道を選ぶのかでは全く違うことに

 

なると思うのです。どうか悔いのない命を、本願とともに。

 

 

 

南無阿弥陀仏