むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

何一つわからなくて大丈夫

 浄土真宗にご縁を頂き、よかったなぁと思っています。

 

親鸞という方がお出ましにならなければ、

 

法然聖人のただ念佛の心がわからなかった、

 

つまり、自分が本願に出遇うということは、決してなかったと思います。

 

また、この地球の、大地に、釈迦如来という、如来が、

 

自分と同じ人間の姿をして、生きておられた、この事実に驚くとともに、

 

有難いなと思います。

 

私は、なんにもわかりません。仏法を聞く前も、そして、今も、何にも

 

変わりません。ただ、一つ違うとすれば、自分の思いに引きずられながらも、

 

「本願に還れ」の仰せに従い、その都度、その都度、心の拠り所に

 

立ち返っていることでしょうか。

 

悟り、ってなんでしょうか?全然わかりません。

  

わたしは、何にも分からないまんま、

ただ如来の仰せに随っているだけであります。

 

そして、それが、魚が川の流れに沿って泳ぐように、

 

自分本来の自然な姿なのだろうな、と思っています。

 

悲しいこと、苦しいこと、思い通りにならないこと、たくさんあります。

 

しかし、一点において、立ち返る場所があれば、

 

その一点が、決して変わらないものであれば、

 

常に、そこに戻ることができます。その一点は、無量寿、無量光に

 

裏打ちされた、一点と頂きます。

 

私は、そのことを『如来』『浄土』『信心』と仰っていると体解します。

 

言葉は違えど、その心は一つです。言葉に囚われてはいけない。

 

そう聞かせていただいております。

 

凡夫は凡夫のまんま、でよい。

 

汝、念佛申せ。

 

この一句に、

 

如来のまごころが籠もっている、そう味わいます。

 

本願とともに 南無阿弥陀仏