むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

本願に帰す

称我名号 下至十声の仰せにしたがう。

 

ただそれだけが仏法、慈悲の究み。