むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

わが師の恩

自分にとって、真の師と仰ぐ方は二人います。

 

一人は行の師。鍵山秀三郎先生。この人に遇えなければ、今はない。

 

行に励んだ、あの日々がなかったら今はない。

 

 

心あるところに宝あり。

 

この言葉の心を、わたしは弥陀のまごころと味わっています。

 

 

もう一人は法の師。藤谷秀道先生。

 

先生は著名な方ではないけれど、その歩みのほとんどを布教に

まわられた方で、実際に生身で遇ったわけではない。

 

しかし、この先生の教えは、自分の肺腑に沁みるのである。

 

心から、本当にそうやなと頷ける。

いや、頷かざるをえない響きを感じる。

 

なぜなら、先生自身が生身で仏法にぶつかられ、先に歩んで下さって

いるからこそ、その言葉の一つ一つがものすごく重いのである。

 

この方の教えに出遇わなければ、この先、どう向き合っていけばいいのか、

わからなかったと思う。

 

藤谷先生は、自分にとって、方向を明確に示してくださった、真の師である。

 

不思議なご縁で、お二人とも、お名前に「秀」の字がついておられる。

 

他にもたくさんの先生に恵まれて、お育てを頂いている。

この事実は、本当に有難く、尊いご縁である。

 

 

しかし、自分にとって、この二人の師は、特別な思いを抱く、

懐かしい方である。

 

本願とともに。南無阿弥陀仏

 

16.12.21追記

 

初めて藤谷先生のお声を聞かせて頂くご縁に遇わせていただいた。

 

本当にありがたいご縁を頂いたと思う。

 

繰り返し、巻き返し、師の言葉を確かめさせて頂きたい。