むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

悲しい現実に寄り添う大悲

人は生まれ、歳を重ね、時には病になり、やがて死ぬ。

 

無常の世に居るということは、一つの事実。

 

そして、その中で、自分というものは、分別・分け隔てをせねば、

 

生きられない、この現実。

 

正邪を分ける基準は、それが役に立つか、立たないか。

 

この基準に基づけば、「若い」は良くて、「歳を重ねる」は悪し。

 

「利益」を稼ぐものを良しとし、「損失」を与えるものを悪し、とする。

 

貨幣経済を基礎に存在しているわたしは、嫌でもこの「ものさし」を

 

用いずには生きることができない。

 

お前は役に立たない。そういっているAが、いつしか、

 

お前は役に立たない。そういわれるBになる。

 

ぐるぐるぐるぐる回っていく。これが諸行無常である。

 

しかし、これを貫き変わらぬものを、真実と云う。

 

そして、真実を如来と云い、本願とも申す。

 

本願はひとりひとりを貫き、大悲の心を以って憐れんでいる。

 

その本願の大悲が言葉となって、今、此処に至り届く。

 

本願は血が通い、躍動する願いである。

 

本願とともに。なむあみだぶつ