むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

専修念佛

もっぱらこの行につかえ、ただこの信をあがめよ(教行信証 総序 親鸞聖人)

 

本願の名号は正定の業なり、至心信楽の願を因とす(正信偈 親鸞聖人)

 

一心専念 弥陀名号 行住坐臥 不問時節近久 

 

念念不捨者 是名正定之業 順彼佛願故(観経疏 善導大師)

 

自分の往生を決定するのは、本願の名号であり、

 

自分の行いや思い、わが身の状態ではない。

 

それらを問わない力を「無碍光」と仰ぐ。貫く智慧の光明。

弥陀の光明に障碍あることなし。

 

専らとは、余行をさしおいて、一行を選択すること。選択とは取捨選択、

選択と取捨は表裏であり、一体である。

 

煩悩具足、逆謗、五逆、闡提、みな来たれ。

一切が本願の正客、われらがための選択本願念佛。

 

凡小逆謗斉回入 如衆水入海一味(正信偈 親鸞聖人)

 

専ら本願を憑む。

 

自分はたすかるのではない、まるまるたすけられればいい。

 

本願とともに。なむあみだぶつ