むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

悲心招喚

無視されても。

 

どんなに苦しく、孤独であっても。

 

どんなに時間がかかろうと。

 

喚び続ける。決して諦めない。忍終不悔の心。歩み続ける。

 

これが如来の大悲。

 

選択本願の念佛とは、如来の大悲が背景にある。

 

だから、わたしが分別し、わけのわからないものを選ぶことに

迷っていても、迷わなくても関係がない。

 

如来の選択、智慧に裏づけされた選択をただ仰げばいい。

仰せに従えばいい。

 

真宗のそのままとは、仰せにそのまま従う、という意味であり、

わたしの思いや有様に用事がない。それは放置しておけばいい。

 

仰せとは、何のわずらいもなく、ただくちになむあみだぶつと称えるばかりで、

汝の存在一切を引き受け、支える、との仰せと頂く。

 

念佛衆生 摂取不捨(観無量寿経

 

本願とともに。なむあみだぶつ。

 

如来より賜った選択本願の念佛をとても有難く思う。

わたしができることなど何もないからだ。

善悪も一切、何も分からない。何をすればいいのか、何をすべきなのか、

一切がわからない。

 

だから、ただ仰せに従うだけ。

 

それだけでいいし、それ以外に道が果ててしまったのだから。やむなくだけれども。

でも、果ててよかった。

 

思いが破れる、破れ続けるのはめでたい。和田先生の言葉が心に沁みる。

 

如来の大悲は平等施一切。遍く十方を照らす。