むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

本願名号正定業

本願の名号は正定の業なり、至心信楽の願を因と為す(正信念佛偈)

 

わが身、我が心の有様、これまでの歩みがどんなに頼りない歩みであろうと、

 

一切関係がない。

 

本願の名号が往生を決するのであって、自分が介在する隙間がない。

 

そして、それを如来で申せば、

 

帰命尽十方無礙光如来と申す。

 

無礙光とは、貫く光。

 

わたしの思いは関係がないということ。

 

邪魔にもならないし、足しにもならない。

 

逃げようがないということ。

隠れても無駄だということ。

 

一切が想定内だということ。

 

如来はすべてを承知された上で、

我が名を称えよとの仰せがかかっている。

 

本願の名号は正定の業であり、それは弥陀の本願を因としている。

 

まこと、真実が因であれば、果もまことである。

 

余計な思いが雑ざるはずがない。まごころである。

 

われらは、如来如実の言をただ仰ぎ、ただ念佛す。

 

本願とともに。なむあみだぶつ