むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

結果は知らない、ひたすら歩む

気がついたときから、常に自分の行動、他者、社会との関係性において、

 

見返りを求める歩みだった。

 

しかし、それが自分にとっては、どうしてもむなしいことだった。

 

むなしい、というのは、意味がわからない、ということだ。

 

何もかも。周りのひとが楽しそうにしてるけれど、自分はさめている。

 

どうして、こう楽しそうにいれるのだろうか?

 

たぶん、その答えをずっと探してきたのだと思う。

 

不思議だが、今は見返りを求める必要がない。ただ、専ら自分にできること、

自分自身に正直に生きたいと、心から思っている。

 

心口各異 言念無実(大無量寿経)と云う言葉があるが、

ありのままに、正直に生きた、そういう1年間だった。

 

初めて、一生懸命に、心を込めて歩んだ。もちろん浅ましい身と心のままに。

 

目的と手段が一つ。本願とともに生きることが、

自分の存在そのものと一つになった。

 

障り(悪業煩悩)は障りのまま、自分は自分のまま、横様に超える。

 

即横超截五悪趣。煩悩に溺れない。本願の名号に何度でも立ち返る。

 

何度でも、何度でも。これを後念相続と頂く。

 

ごみがあるから、ごみを拾う。ただそれだけ。

きれいになれば、それでいい。自分に見返りがあるとか、

ないとか、徳をつむとか、そんなのしらない。

自分は徳を積めるような身ではないのだ。悲しいけれど、

自分の浅ましさをさしおいて、ただ本願を聞かせて頂く。

 

念佛の目的は念佛。ただ念佛のみぞまことにておわします。

 

一心専念 弥陀名号。専修念佛。結果を求める必要はない。

精一杯自分を生きようと思う。

 

本願とともに。なむあみだぶつ