むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

身を粉にしても骨を砕きても

如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし

師主知識の恩徳も 骨を砕きても謝すべし

 

今まで自分が御恩報謝すべきと思っていた。

 

でも、ふと気づいた。

 

自分のために無量永劫、既に身を粉にし、

骨を砕いて、どんなに苦しくとも、汝のためならと、

笑顔で命を捨てて下さった方が如来だと気づいた。

 

方向が逆さまだ。

 

どんなに浅ましい歩みしかできなくても、それでも、

そんな汝だからこそとおっしゃる。

 

決して捨てぬという大悲。摂取不捨。

 

もう何もいえない。ただ本願を仰ぎ、ただ念佛す。

 

如来の大悲とともに。なむあみだぶつ