読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

ただ聞いていく

小慈小悲もなき身にて 有情利益はおもうまじ

 

如来の願船いまさずは 苦海をいかでかわたるべき(愚禿悲嘆述懐和讃)

 

親鸞聖人の和讃が身にしみる。本当におっしゃるとおりだと思う。

 

自分が誰かの役に立つとか、力になれるとかはうぬぼれであり、

 

自分はもうただ念佛し、ただ如来の教法を専ら聞かせて頂く以外に

 

何一つ成就しないと思う。道が絶えているにも関わらず、迷いっぱなしだ。

 

自分の思いという透明な箱から一歩も出られない。

そういう身を生きている。それが現実だと改めて感じた。

 

でも、自分は専らこの道を聞き開いていきたい。

 

本願とともに。なむあみだぶつ