むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

依るべきもの(たのむべきは弥陀一佛)

『たのむべきは弥陀一佛、よるべきは念佛一行、

 そのことにいったい何の不足があるのか』

 

和田先生の言葉(信の回復(東本願寺出版部)P182-183)

 

本当に当てになるものは、一体何か?

 

本当に自分を大事にするということは、一体どういう事なのか?

 

思いに縛られ、比較というものさし、まなこでしか、

 

自他問わず、一切を認識することができないものを凡夫という。

 

では、凡夫とは、一体誰か?

 

それは、まぎれもない自分のことです、と頷かしめる光。

 

これを畢竟依ともいい、阿弥陀如来といい、無碍光如来といい、無上佛と申す。

 

畢竟依は決して捨てない。

 

念佛衆生 摂取不捨(観無量寿経)この佛語を灯とし、

 

僕は僕のいのちを歩む。そして、一隅を照らす。専修念佛を憑みに。

 

念佛者は無碍の一道なり(歎異抄

 

専ら本願を仰ぎ、ただ念佛す。自分の思いは関係がない。

自分と如来の関係には隙間がない。一体である。

 

他人の言葉に耳を傾ける余地がない。

 

われらはみな凡夫だから、

わけが分からなくて当然であり、妄想顛倒もやむを得ない。

善いとか悪いとかではなく、それが事実である。

 

善悪は僕にとっては重要ではない。それらを求めるのは、もうあきらめた。

 

僕には一切、何にもわからない。それが結論であり、事実である。

 

だから、専ら佛語に依る。如来の如実の言に依る。

 

それ以外にもう絶え果ててしまったのだから。

 

本願とともに。なむあみだぶつ。