むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

いよいよ聞き続ける

いよいよ聞かねばならない。

 

いよいよ自分の思いが、ますます破られ続ける。

 

破られることは、驚きであり、感嘆であり、悲歎でもある。

 

ますます自分の身の現実、心のありようを見せ付けられる。

 

あぁ、そうであったか。本当に思いの中から一歩も出ることができない。

 

今も迷いの只中だ。

 

それでも、欲生我国、我が浄土に迎えとらずにはおかん。必ず、往生を

 

遂げさせる、という本願力に促され、ただ念佛す。

 

転ずることも要せず、ありのまま、そのままを受け止める。

 

如来の足で受け止め、堪える。

 

ありのままを受け取って、ただ念佛す。

 

ただ念佛し、ただ耳で聞く。

 

聞かねばならない身と心を抱えているから、聞かねばならない。

 

終わりなき歩みとともに。ますます破られ続ける。

 

如来とともに。なむあみだぶつ。