読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

笑っていますか?

心の栄養は足りていますか?

 

心の栄養とは、感動であり、驚きであり、感謝であり、笑うことだと思います。

 

この身は、常に代謝を繰り返しており、様々な栄養を摂取しなければ、

 

維持することができません。たんぱく質、糖分、カルシウムetc

 

栄養が足りなければ、栄養失調となり、やがて病となります。

若いときはまだしも、齢を重ねれば無理は利かなくなってきます。

 

では、心はどうでしょうか?

 

自分はかつて、うそでも笑うことができなくなりました。

顔がひきつってしまって。

 

あぁ、もうダメだと思いました。

 

現代は、失敗や挫折を許さない社会です。立ち止まることを許さない。

他人にはもちろん、自分にさえも。

 

でも、生きている、生きるということは、失敗と挫折を繰り返す日々です。

 

いつしか、挑戦することを恐れ、現状を守ることを目的とする。

 

そして、元気がなくなる。何もかも嫌になる。無気力になり、むなしさを抱える。

 

仏法とは『除苦悩法』である、と観無量寿経に説かれています。

 

そして、念佛、如来に出遇うということは、常に心の栄養を頂く、

 

感動、驚嘆、感謝、そして悲嘆でさえも、包み込む大悲であります。

 

もしも、作り笑いさえもできなくなったのであれば、立ち止まるべきです。

 

勇気が必要だと思います。現実的な縛りもあります。お金も必要です。

 

でも、壊れる前に、立ち止まる勇気を持つべきです。

 

無責任なことしか言えませんが、僕はすべてを捨てて、立ち止まりました。

 

幸い、不思議なご縁で、如来に出遇い、もう一度、歩みはじめました。

 

本当に弱く、頼りない歩みでありますが、僕は僕の歩みを、

 

ひとりひとりが、唯一の歩みを如来とともに歩んでほしい。

 

身の栄養も大事ですが、それ以上に、精神の栄養は重要です。

 

どうぞお念佛申して下さい。

 

本願とともに。なむあみだぶつ。