むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

決定的な出遇い

あの人に出会わなければ、今の自分はなかった。

 

あの出遇いのおかげで、今がある。

 

人と出会うのは不思議なことだ。

 

出会おうとして、出会えるのではなく、たまたま出遇う。

 

声が聞こえた。

 

本当に決定的な出遇いが、人間には起こる。

 

生死流転を六道輪廻ともいう。

 

地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上。

 

これら六道の世界を迷い続ける。

死んでからのことではなく、生きている今もこの相がある。

 

しかし、人間である間でしか、仏法を聞くことはできない。

 

心が三悪道に堕ちているときは、決して聞くことができない。

苦しすぎるから。聞けない。

 

悲しみの底、本当の孤独において、弥陀如来の悲心招喚が聞こえる。

 

悲しみを、決して、悲しみのままで終わらせない。

 

汝の願いを成就させる。汝の願いと我の願いはひとつなり。

 

汝を必ず助ける。我が名を称えよ。

 

大悲はひとりひとりをみそなわし、喚び続けている。

 

決して諦めない。

 

そして、その人に出遇いが成就する。そのときを信の一念という。

 

真実に触れるのは、一念一刹那。握ってはいけない。執着してはいけない。

 

信の一念において、

凡夫が本当に凡夫になる。そして、如来をいつも忘れてもいい。

 

念佛のたびに、信の一念に立ち返る。

信心相続の相は、永久永続ではなく、連続無窮であると体解する。

 

何度でも、何度でも、いつでも、いつまでも、どこまでも続いていく。

これを摂取不捨と頂く。

 

それが如来の憶念の心。憶念の心が本願であり、選択本願の念佛、

本願の名号である。

 

そして、本願の名号は正定の業。

わたしの浄土往生は本願の名号が決する。

 

我が名を称えよの仰せをそのまま耳で聞いて、口でただ念佛す。

 

本願はいちにんいちにんの宿業の身において成就する。

そして、それは今、ここに存在するわたしを場として如来と出遇う。

そういう命をひとりひとりは生きている。

 

平等は凡夫という自覚において初めて実現する。

 

むなしさは心の悲鳴である。

 

このままでよいのか?わが身、わが心を問う本当の自己の声である。

 

その声に耳を傾けなければならない。往生はひとりひとりのしのぎである。

 

しかし、答えはいつもすぐそばにある。

 

専らお念佛の声を、お念佛のいわれを、

法蔵比丘の血肉を聞くしかない。自力は捨てるのではなく、廃るものだから。

 

本願とともに。なむあみだぶつ