読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

風の前のちりに同じ

人間は根本的に我執を抱えている。

 

我と我がぶつかる故に、強者と弱者の相が生じる。

 

強者は力をもって弱者をねじふせる。

 

力とは、貨幣であり、立場であり、性格であり、性別であり、

あらゆるものである。

 

そして、弱者は涙を流す。虐げられる。耳を傾けられない。

受けるしかない。

 

これが世の実相だと感じる。

 

しかし、それを見ると、すぐに聞こえた。

 

おごれる者も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。

 

猛き者もついには滅びぬ。ひとえに風の前のちりに同じ。

 

すべて凡夫、悉く凡夫ではないか。

 

千差万別、けれど、すべてを貫くのは、みな凡夫なり、という事実。

 

何時でも身の事実に立ち返る。このことを智慧の念佛と頂く。

 

所詮、ともに凡夫なのだから、仲良くできたらいいのにな。

 

本願とともに。なむあみだぶつ。