読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

小さな声でお念佛を

歩くときも念佛。

 

風呂に入るときも念佛。

 

洗濯物を干すときも念佛。

 

時、場所を選ばない如来選択の行。

 

小さな声でお念佛を申し、自分の耳に聞く。

 

行住坐臥 不問時節近久 

 

大きな声で、有難い声で、節をつけて、お念佛を申さなくてもいい。

 

自分で聞き、自分で申せばそれで事足りる。小さな声でいい。

 

時々、有難いようなお念佛を聞くが、有難かろうが、

有難くなかろうが、関係がない。佛名をたもつ、それだけでよい。

 

如来選択の行を専ら行ずる。専修念佛唯一行。

 

お念佛は聞きもの、我が行に非ず。如来の大行に託す、

それだけを憑む。

 

しかし、本当に念佛がわが身に届いたか、どうか。

信の一念があったのかどうか。

 

念佛が聞こえたのか?親鸞聖人は、信で押えておられる。

それを決して忘れてはいけない。

 

 

 

選択本願念佛とともに。なむあみだぶつ。