むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

あるがままを受け取る

物事をあるがまま、そのままを受け取る。

 

どうしても、思いによって捻じ曲げてしまう。

 

しかし、思いは思いのまま、放っておく。思いはやがて消えていく。

 

鐘の音がやがて消えていくごとくに。

 

悲しいときは、悲しいままに。嬉しいときは嬉しいままに。

 

辛いときは辛いままに。孤独なときは孤独なままに。

 

ただそのまま念佛申す。佛名をたもつ。専修念佛一行。

 

専ら聞く。念佛一つで事足りるし、念佛申せなくてもかまわない。

 

称我名号の仰せがかかっている。仰せがかかっているということは、

 

大事に思っているということ。この心を憶念といい、欲生と申すと、

藤谷先生の本を通して、その心を頂く。

 

藤谷先生の心を通して、生きている有縁の先生の教えが聞ける。

生きている先生はひとりやふたりではなく、ある意味沢山の先生とも

云える。

 

唯佛ではなく、諸佛。託すべきは弥陀如来一佛。それがすべての諸佛の

心に相応するということ。佛の仰せに専ら随順するばかり。

 

本願とともに。なむあみだぶつ。