読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

現実をうばい返す

浄土真宗 善知識

救いは常に現前でなくてはいかんのです。

救いの予約が救いでない。

 

救いというのは『今、ここに』という現前の救いでなくてはいけない。

 

救われようのない現実を、そこに自分の唯一の生きる道があるんだ、と。

 

言っていうなれば現実をうばい返すんです。

 

救いというのは、放棄せざるを得ないような現実をうばい返すんです。

(歎異抄講義録2 27貢)

 

和田先生の言葉です。

 

自分が受け止められる事が、先手です。

それが在って初めて、自分自身を、自分の人生を、自分の存在全体を

受け止める事ができる。

 

帰り処が在って、初めて、出る事ができる。

 

帰り処を浄土といい、如来といい、念佛といい、本願という。

 

これが自分が頂いている、真宗親鸞聖人の御教えです。

 

そして、念佛は智慧の念佛、慈悲が貫いて、智慧が至る。

 

本願とともに。なむあみだぶつ。