読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

出離生死

生死を出る、と聞くと、どうしても、分別に陥る。

 

原因Aを滅すれば、苦しみはなくなる。

 

だからAを消し去る。そして、Bを得る。

 

あるいは、生きることは「よいこと」だ。

死ぬことは「つまらぬことだ」。また逆も然り。

 

 

出離生死とは、こうではない。

 

Aだろうが、Bだろうが、そのまま頂く。

どちらでもかまわない。そんなことは、問題ではない。どうでもいい。

専ら本願念佛とともに生きる。念佛で煩悩を燃やし尽くす。

 

 

今、自分がここに存在する事実。

私はこのことを「宿業」というのだと思っています。

 

宿業は憎むものではなく、拝むものだよ。

宿業を憎むのが我執、宿業を痛むのが本願。

 

これは藤谷秀道先生の言葉と聞いております。

 

宿業の身は、本願と切っても切れない絆。

本願念佛、如来を体解する場所である。だから、悲しいけれど、

有難く頂戴したいと思っています。

 

出離生死とは、宿業の身、自分の存在全体を、横様に超えること。

 

即横超截五悪趣(正信念佛偈)

 

滅此昏盲闇 閉塞諸悪道 通達善修門 功祚成満足  威曜朗十方(重誓偈)

 

どうにもならないまま、そのまま、救う。我が名を称えよ。

 

この仰せにそのまま従う。それを信心といい、信知といい、佛願に相応すという。

 

 

浄土真宗とは、乗彼願力。彼、如来の本願に乗じて救われる教えである。

そして、自分の人生はようござんした、と合掌して死ぬことができる、

死ぬことも、生きることも、ともに素晴らしい意味を見出す。

 

これは、梯実圓和上のお言葉です。

 

そして、信仰と生活が一つになり、目的と手段が一つになる。

 

これが真の宗教、真宗です。自分ひとり、自分のまわりの者だけが、

満足するようなちっぽけなものではない。

 

どこまでも深く、どこまでも広く、どこまでも続いていく。

 

本願海であり、佛地であり、佛国土である。

 

宿業海がそのまま本願海である(藤谷秀道先生)

 

 

本願とともに。なむあみだぶつ。