むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

仰せしかない

現実のわが身、わが身の生きるこの世界は、自分の思いを食い破っている。

 

こう聞かせて頂くけれど、本当に自分の思い通りにいかないこと、

 

自分が破られることを、絶対的に否定している。受け入れられない。

 

絶対に破られたくない。自分が間違いなく、正しいんや。

 

自分の願いは努力すれば必ず成就するんや。

 

しかし、因縁が和合しなければ結果は出ない。

 

それをどうしても認めることができない。

 

それはそのまま自分を否定することになるから。決して凡夫になりたくない。

 

心底忌避している。絶対に認めたくない。

 

それでも、現実は波のように押しかけてきて、自分の思いを全く無視して、

時が流れていく。

 

お念佛したら、苦悩がなくなるのですか?どういう効能があるのですか?

 

そんなものは知らない。ただ念佛しているだけで、それ以上のことでも、

 

それ以下のことでもない。称我名号の仰せに随っているだけ。

 

そして、嫌で仕方がない、犯してしまった過去、逃れられない現実に

直面すると、何もかも間に合わんのです。

 

もう、仰せしかない。仰せがかかっている、そのことだけが憑みで、

それに支えられて、堪えるしかできない。

 

刹那の生死を繰り返して、一期の生死を迎える(和田先生)

 

一期の生死を迎えるまで、この肉体、この心から一歩も出ることが

できない。

 

無明・煩悩われらが身にみちみちて、欲もおおく、いかり、

はらだち、そねみ、ねたむこころおおくひまなくして、

臨終の一念にいたるまでとどまらずきえずたえずと

水火二河の譬(たとえ)にあらわれたり(親鸞聖人 一念多念文意)

 

でも、もう少しだ。これで最後だ。だから、よろよろでも、

ぼろぼろになっても、たとえ念佛さえできなくなったとしても、

仰せ一つに生き、仰せ一つに死ぬ。それしか灯がないのだから。

 

念佛が聞こえないのは、まだ余裕がある。その余裕を自力を憑むという。

そのひとを善人という。

 

自力は捨てられない。廃る。仰せが届いて初めて廃る。

 

念佛のいわれ、大悲のこころを聞くしかない。念佛申さんと思い立つ

心のおこるまで聞くしかない。もうどうにもならない、宿業・現実に

押しつぶされる人を悪人という。悪人正機とは、このことである。

本願の目当ては悪人である。

 

本願とともに。南無阿弥陀佛。