むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

聞く理由

如来の本願を聞く理由。

 

善悪のうち、善を積む。宿善のため聞く。

 

こうではなく、聞かねばならない問題を、

 

癒やすことのできない深い悲しみを、

 

他と自分を分け、自分の思いに執着し、握りしめる、

 

こういう性を具足している自分だから、聞かねばならないのだと思う。

 

親鸞聖人が、善悪の二つ総じてもって存知せずと

 

仰っているのに、如来ほどに理解認識できるならば知っている、

 

わかるともいえるだろう。でも本当に何が正しいのか、何を悪と

 

おっしゃるのか、なんにもわからないのです。

 

自分にはこう聞こえる。

 

五濁悪時群生海 応信如来如実言(正信念佛偈)

 

聞いてくれよ、が如来の仰せ。それに応えて、ただ

 

聞いている。何を聞いてくれなのか。

 

如来所以興出世 唯説弥陀本願海(正信念佛偈)

 

弥陀の本願とは、念佛往生の誓願。

 

念佛を離れて、本願はなく、本願を離れて、念佛はない。

 

一つ、不一不二、表裏一体である。

 

そして本願念佛の謂れ、生起本末を聞けよ。お念佛の心とも

 

いえると思う。それを大悲という。

 

如来の大悲が届いて、衆生、私の思いが破られる。

 

大悲が貫徹した時、如来と出遇う。大悲を拒絶し、

 

自分を拝んでいたのは、紛れもなく自分自身でした。

 

本願念佛とともに。南無阿弥陀佛。