むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

讃嘆と悲歎

親鸞聖人の教行信証のうち、御自釈は結論ではなく、

 

自分自身の感動を表白したものである、と聞く。

 

結論のようにずっと聞いていたなぁと思う。

 

よき人法然上人に出遇った歓び、本願念佛にたすけられた感動。

 

たすけられながらも、まったく変わることがない、自分自身の現実。

 

太陽と月。光と闇。讃嘆と悲歎。歓びと悲しみ。

 

二つの相が相反することなく、表裏一体として、表現されている。

 

これは藤谷先生のお言葉。

 

佛凡一体。機法一体。本願の名号、南無阿弥陀佛とは、

 

佛国土の名告りである。娑婆の言葉ではない。かるがゆえに、

 

浄土、如来の力を具足する。

 

本願名号正定業 至心信楽願為因

 

成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

 

極重悪人唯称佛(正信念仏偈

 

極重の悪人とは誰のことか?他の誰のことでもない、ただわたし独りのことである。

 

弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞いちにんがためなりけり。

 

さればそくばくの業をもちける身にてありけるを、

 

たすけんとおぼしめしたちける、本願のかたじけなさよ(歎異抄

 

罪悪深重、煩悩熾盛の衆生をたすけんがための願にてまします(歎異抄

 

本願のかたじけなさよが讃嘆、佛。法の真実。

 

そくばくの業をもちける身にてありけるが悲嘆、機。

 

讃嘆と悲歎に身を通して、歩まれたのが親鸞という方だったと味わう。

 

だから、懐かしい、そういう気がするのかもしれない。

 

本願とともに。南無阿弥陀