むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

如来如実の言

五濁悪時の群生海、如来如実の言(みこと)を信ずべし(注釈版真宗聖典p203)

 

正信偈にて、親鸞聖人が仰る言葉です。

 

信ずべしとは、聞即信、すなわち聞くしかないということ。

 

何を、如来選択の念佛のいわれを。

 

聞こえるまで、たとえ聞こえても、いよいよ聞かずにはおれない。

 

破られ続け、頷かせられて、お育てを受けていく。

 

念佛のいわれとは、音声佛、言葉の佛となられた弥陀佛の大悲。

 

仰せに従う。仰せとは称我名号、我が名を称えよ、必ず助ける。

 

この言が聞こえて、応える。口に南無阿弥陀佛と。

 

本願とともに。南無阿弥陀