むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

法を握らず、歓びを握らず手放す

佛に値遇するということを、即得往生といい、

 

歓喜地に至るともいい、正定聚に住するともいう。

 

歓喜地とは、菩薩が退転の位、すなわち、十信、十住、十行、十廻向という

 

境涯を超えて、初めて、不退の位に達すると大いなる歓びが起こる、と

 

聞いています。

 

初めて真実に触れた、ということは確かに驚きであり、大きな歓びです。

 

しかし、それを握ってはいけない。握ると我執が法執に変わる。

 

見下す、驕慢心という心に陥る。

 

座談会でお話を聞くと、よく分かる。自分の心の動きが。

 

自分で握ってはいけない、ときばっても、だめで。

 

これを手放せしむるのが、智慧の念佛。

 

自分も気をつけなければならないが、よく握って手放さないような人が

 

多々あるように思う。法に執着している。法によって、善悪、自是他非を

 

行っている。自分はこれも分別だと思う。

 

藤谷先生は、これを注意しておられた。

 

出遇っても凡夫の手垢がつく。ここに苦しんでいる人が沢山いる、と。

 

念佛は無為自然。徐々に身に深まっていく。

 

なるようになれ 風にふかれるままに 思うままに ただ念佛を聞く

念佛できなくとも 本願を憶念し 仰せに還る 何度でも 何度でも

 

本願とともに。南無阿弥陀