むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

迷いのただ中だ

自分の思いから一歩も出られない。

 

思いとは、自分の都合。

 

煩悩と有限と身は一体であると教えて頂く。

 

そして、この身が所属しているこの世界は穢土といわれる。

 

穢土とは、堪忍の土(世界)ともいわれる。

 

本当に迷っているのだなと思う。どうしても分別が抜けない。

相手をどうしても受け止めることができない。理解ができない。

心が通わない。届かない。

 

自分の心が落ち着かない。落ち着いたと思ったら、もう動いている。

 

ただ、迷いを迷いと知ることを信知と教わる。

自分は一切のことが分からないものだと知らされるまま、

助からぬものだということがそのままたすけられる。光明に摂取される。

 

どうしても出られないまま、変わらないまま、ただ念佛を聞く。

 

聞即信。聞こえること以外に信はない。音声佛を専ら聞く。

 

憑むべきは弥陀如来、依るべきは念佛一行。専ら念佛を聞く。

 

本願とともに。南無阿弥陀