むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

聞かせて頂いたこと、そして思うこと

人はよいと思うことしかしない。

 

地獄とは、堕ちるものではなくて、人間ははじめから既に地獄に堕ちている。

地獄に堕ちているとは、地獄をはらんでいるというか、具足というか、

それから逃れられないということ。

それが各々の縁にもよおされて露わになる。その地獄とは、孤独である。

ただし、孤独を苦悩と感じ難い。各々は色々な関係を持って生きているゆえに。

 

ただ生きる→よりよく生きるの答えではなくて、

なぜ今、にんげんとして、此処に存在しているのか?

 

生きること、存在することが否定される状態に陥ったとき、

それに応えうるのが、浄土真宗である。

 

それは、久遠の過去、現在、悠久の未来のどの時代、どの人をもえらばず、

へだてず、一切を貫くものである。

聞いてもどうにもらない。でも聞かねばならない。

それが自分にとっての真宗

 

不安は、どこかにあるのではなく、自分が生みだすもの。

 それは、どうしたらいいんや、どっちがいいんやという計らいの心。

そういう自分を拝み、佛を足蹴にする。それが佛智疑惑の罪。

自分には佛を信じる心も、憑む心もない。ただ称えよの仰せをただ聞くばかり。

 

本願とともに。南無阿弥陀