むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

極重悪人とは誰か

なぜ苦しいのか。なぜ孤独なのか。

その答えを外にばかり求めてきた。しかし、答えは外ではなく内にある。

 

我が身さえよければいい。他はどうなってもかまわない。

そもそも関心がない。わが身の安穏さえ保てればそれでいい。

他を責める心が止まない。一切を経済的、機能的にしか認識することができない。

 

役に立つか、立たないか。それがいいひとかわるいひとかの基準。

損か得かが、私のものさし。

 

誰のことも認めない、受け止めることができない。否定しかしない。

そういう者が果たして受け止められる、必要とされることがあろうか。

それは傲慢ではないか。

 

こう思うこと自体が根元から腐っているし、顛倒している。逆さまだ。

 

極重悪人とは誰か?他を批判し、否定し、許さず、

自分の安穏をひたすら祈っているものではないか?

では、それは誰だ?佛法は問うてくる。

 

ごめんなさい。それは私のことです、と頷かしむる智慧の光。

 

極重悪人唯称佛。

ただ称えよの仰せに応えざるを得ないのは、

自分自身の存在の願い、自分のことさえ始末ができない、間に合わない私です。

 

何を求め、何を楽しみに生きているのか。何が正しくて、何が間違っているのか。

 

一切何も分からないほど、底知れない悪性を具足している。

 

汝よ、ただ我が名を称えよ。選択我名。選択本願念佛。

 

この仰せだけがまことであり、灯明である。

しかし、それはいまだほんに微かな灯明であり、微かな響きである。

このことを四五寸の白道というのだろうか。

 

しかし、その灯は消えず、その響きは今もなお胸に響いている。

 

本願とともに。南無阿弥陀