読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

存在の歴史

確かに今、人として生まれた自分は、本当に頼りなく、

力のなく、慈悲のない者である。それは事実である。

 

変えようがない。

 

しかし、今人として生まれたということは、

数え切れないにんげんの歴史の上で、たまたま起こったことと

いえる。

 

生まれてすぐ無くなった兄弟もいた。

涙に暮れた日暮もあった。笑った日々もあった。

突然この世を去った方もいた。天寿を全うした、というような人もいた。

世間的にうまくいった人生があれば、苦悩のどん底に沈んだ人もいた。

戦争に行った祖父もいた。祖父の帰りを待つ祖母もいた。子どもたちもいた。

女手ひとつで、子どもたちを育てた母もいた。

 

それらの無量永劫の時の中で、今、たまたま、受けがたい人身を

受けた。

 

本当に聞き難い佛法を今すでに聞くことを得た。

 

数え切れない名も無き人々の歴史の上に、今、こうして在る。

 

たまたま行信を獲れば、遠く宿縁を慶べ、と親鸞聖人は仰る。

 

あぁ、弘誓の強縁は億劫にも獲がたし。

 

そういう時を頂いているのだなぁと思う。ただ、思いは思いのままに、

ただ彼の名を称う。

 

本願とともに。南無阿弥陀