読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

真宗とはわたしという存在を支えるものである

徒然なるままに

このブログを始めてからちょうど一年が経ちました。

 

また、自分を取り戻してからは一年半が経ちました。

 

この間、沢山の人に出会い、沢山のことを教わってきました。

 

それが世間で生きることにおいて、役に立つかどうかは、わかりません。

 

ただ、本当に自分を生きた一年間、一年半だったと云える日々をすごしました。

あぁ、生きたなぁと思うのです。

 

むなしさや孤独、そして不安は今も埋まりません。

また、自分の後生もわかりません。

 

今は、ただ我が名を称えよ、の仰せを聞いて、ただ口になんまんだぶと

お念佛を申す、このこと一つ、本願の名号に支えられています。

 

浄土真宗は、存在を支える教えであります。自分を取り戻す佛道であります。

在家の佛道であります。在家の佛道とは、出家の佛道を包含しています。

 

ただ念佛の教えは生きるに生きれない、存在できない、苦しくて、寂しくて

仕方のないもの、それを十方衆生とおっしゃり、そのものを目当てに

建てられた、無上殊勝の願い、誓願であります。

 

ただ称えよ、必ず浄土に生まれさせる。

この仰せを聞いて、ただ念佛申す。

 

その念佛は本願力回向の念佛であり、一声も称えることはできない。

全て本願、乃至十念の誓願から言葉となり、声とまでなった名号です。

 

本願名号正定業。本願の名号がわたしの、十方衆生の浄土往生を決する。

 

わたしが介在する余地がない。如来のひとりばたらき。

 

仰せに従い、ただ念佛す。それが自分を本当に生き切る道、

 

如来の智慧によって、選択された、如来からわたしに届けられた道であります。

 

いつまで続けるかはわかりませんが、自分を確かめていくために、ただ

 

本願を讃嘆していきたい、今はこう思っています。

 

思うとか思わないとか、分かるとか分からないとか、わたしのほうには関係がない。

ただ本願の名号が往生を決する。往生とは終わりなき歩みのこと。

往生にははじまりと遂げられるときがある、往生には幅がある。

即得往生住不退転、即ちとは、今、ここで。

本願の名号の声がわが身に響いたとき、浄土往生が始まる。

往生は必ず遂げられる。不退転の身に摂取されるが故に。

本願は寿命無量、光明無限に裏打ちされた力である。

故に、退転あることなし。専修念佛一行。

 

如来の選択に従い、如来の仰せに従い、ただ念佛申す。

 

ただ生きて、ただ死ねばいい。行き先はわからないが、ただ生まれさせるの

仰せに従えばいい。ただそれだけ。如来は欲生我国と仰っている。

 

本願とともに。南無阿弥陀