むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

仰せに随順する

常に仰せが先行している。

ただそれに応える。そこに意味をつける必要がない。

自分が何かを思う必要もない。

 

事実は常に自分の思いを超えて先行している。

それに色んな思いや意味をなでつけて、こねくり回す。

 

事実事象に対して、自分が思いを起こす。

思いがあって、自分が起こるのではなくて、まず事実事象があって、

思いが起こる。

 

念佛の目的は念佛。他に何もいらない。意味も見返りもいらない。

 

汝を必ず助ける、我が名を称えよの仰せを聞いて、はいと応える。

 

それだけでいいし、それ以外にない。

 

 また妄念はもとより凡夫の地体なり。

妄念の外に別の心もなきなり。中略。

妄念のうちより申しいだしたる念佛は、濁にしまぬ蓮のごとくにして、

決定往生うたがい有るべからず(横川法語)

 

自分の思いに用事なし。ただ名号を聞かせて頂くばかり。

 

本願名号正定業 至心信楽願為因 成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

 

如来所以興出世 唯説弥陀本願海 五濁悪時群生海 応信如来如実言(正信偈

 

本願が往生を定める。自分の思い、有り様ではない。

 

本願とともに。南無阿弥陀