むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

ありのまま

真如法性とは、決して曇りなき青天のことをいうのではないと思う。

 

雲があっても、雨が降っても、嵐の日でも。

 

青天の日も、雪の日も、春のうららかな日も。

 

夏の照りつける日差しも。秋の夕暮れも。

 

そのありのままの姿が真如法性。足すことも減らすこともいらない。

 

そのままの姿。それをそのままという。このままかな、そのままかな、という

 

思いが入ったら、そのままではない。そのままはそのまま。

 

思いがわくなら、思いがわくままに。往生一定と思うなら、思えばいいし、

往生不定と思うならそう思ってもいいし。

 

助かるとか助からないとか、いうならそれもいい。わたしに付属するもの、

一切、さしおく。さしおくとは、相手にしない。ほったらかし。

どう思おうが、どう感じようが、知らん。そういうことはどうでもいい。

 

 

そのまま救う、引き受けるの喚び声を聞いて、ただ随順する。

 

南無阿弥陀佛は、決して捨てぬの弥陀の喚び声。ただそれに応える。

ただ口になむあみだぶつと。声に出だせば耳に聞こえる。骨に響く。

 

まかせる、ということは、一度まかせたらもう文句を言わんことや。

煮るなり焼くなり、好きにせい。わしはあなたにまかせたんや。

まかせる、とはこういうことや、と日常を通して教えて頂きました。

 

教えられ、助けられ、育てられ。念佛者は常に育ち盛り。どこまでも、

歩み続け、どこまでも深められ続ける。

終わりなき歩み、それが無碍の一道。

 

往生は一時点のことを指すのではない。

往生とは始まりがあり、そして遂げられるものである。

先生から聞かせて頂いている言葉です。

成佛ではなく、往生がわれらの課題である。往生とは死ぬことではない。

今、生まれることだ。生まれ続け、生まれ続け、歩み続け、歩み続ける。

それが往生だ。今往生は始まっている。そして、必ず遂げられる。

 

本願とともに。南無阿弥陀