読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

真宗を思う

仏教と聞くと、あるいは宗教と聞くと、どのような印象を抱くだろうか?

 

現世利益、加持祈祷。神様、仏様にお祈りする。無病息災を。

 

そんなものだと思っているとしたら、全くの見当違いである。

 

仏教とは、浄土真宗とは、本願によって、自らを受け止められ、

 

受け止められることではじめて自分を引き受けていく、

 

自分を生きていくという覚悟が起こる。

 

ずっと忌避してきた、逃げてきた自分を、今、やっと取り戻した。

 

自分を生きた、そう云える今を生きている。

このことを自在というのだと教わる。

 

念佛、本願に出遇う、ということはそういうことだ。

 

自分の思いが破られて、いのちに生きる。その歩みが今始まった。

 

信に死し、願に生きると曽我量深という先生が仰ったと聞く。

 

わたしの独りよがりの思いが常に破られて、いのちが新鮮な感動を

もってはたらきかける。

 

光明がわたしだけでなく、ともに在るもの一切を照らし、

いだいている。照らし続けている。受け止め続けている。それを大悲という。

 

これが真宗である。

 

ひとと生まれてしまった以上、

自分自身からどうやっても逃げることができない。

 

現実から目をそらさずに、凝視する。凝視し、苦悩し、絶望したところに、

初めて如来の声が聞こえる。

 

そのことを聞其名号 信心歓喜という。

 

ひとは、出遇うということが起こりうる存在である。

如来の教法がまします、今現在に生かさせていただいていることを

深く感謝します。

 

そういうことが起こることを、歴史が証明している。釈迦如来

七高僧、名もなき念佛者の人生が本願念佛を証ししている。

 

そして、この先、辛く苦しく悲しくむなしい日々が必ず訪れるだろうし、

大切な人とも別れ、

やがて必ず死んでいかねばならぬけれど、我が宿業、わが煩悩を

本願によって燃やし尽くされる。これが最期だ。往生は必ず遂げられる。

 

後生どこへいくかは知らねども、われは、今ともにある方とともにいくのみ。

 

地獄一定、往生一定。

二つは相は違えども、その心は如来との値遇が根源である。

表裏一体、不一不二。

 

本願とともに。南無阿弥陀