読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

専修念佛

聞法の場所へご縁を頂き続けると、時々頭を殴られたような

痛みを感じる。

 

自分はなんと大きな思い違いをしていたのだろうと。

 

しかし、そのたびに親鸞聖人は、有縁の先生は教えて下さる。

 

汝、専修念佛を行け、と。如来はすべて知り尽くしている。

汝の正体を知っていると。その上で、我が浄土へ必ず往生させると

仰るのだと。だから心配いらないのだと。

 

故に、ただ念佛の一道、専ら無量寿佛の御名をたもつより外に

道がない。次第に次第に念佛一道へ引かれるような、本願力を思う。

 

本願とともに。南無阿弥陀