むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

今思うこと

色々な先生から、大悲のお心を聞かせて頂く。

ありがたいことに、本当に沢山の先生がおられ、それぞれの身を通したお言葉で

ご本願、念佛の心を教えて下さる。

 

その中で、自分が今思うことは、

 

今、ここで、お念佛を申す。これが本当に大事なことだなということです。

 

過去は、過ぎてしまった。

 

未来は、まだ実現していない。

 

あるのは、今、現に生きつつ死につつある自分。

無量無数の縁起の中で、いのちを保たせて頂いている事実。

 

その事実の身に帰れ。お前の場所はここだ。我、汝の足となり、

我、汝を支える大地となり、汝と共に歩む。

 

これが本願念佛、わが身、浅ましい口で称えさせ、耳に聞かせて頂くお念佛である。

 

本来、佛の御名を称えるような根性ではない。

 

愛欲と名利、わが身の安穏のみを祈る。これがわたくしの心である。

 

今、現に死につつ、生きつつある自分が佛の御名を称えさせていただき、

耳に聞かせて頂く。これがすべてのように思う。

 

思いは思い。思いによって萎縮した私の信心が、現実と本願念佛に

よって破られ続ける。これが和田先生が仰りたかったことのように感じた。

 

今、ここでお念佛を申す。いつでも、どこでも、小さな声で。

無相さんは、称えの仰せがかかっているのが念佛の行者と仰ったと聞く。

 

故に、自分はそれだけで十分だし、それだけが真なのだと思う。

 

本願とともに。南無阿弥陀