むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

本願に出遇うまで⑥

6.現在

 

念佛を申し、生活をする。必ず隣にひとがおられる。

 

そのひとが自分の自性を教えてくれる。

 

今の自分にとって、重要なことは、今ここでお念佛を聞かせて頂く、

 

ということに尽きる。

 

色々なことを思い違いしていたが、どんなに心をさしおいても、

 

現実のわが身はどうしても、反射的に、これは悪だろうなと思うような

 

日暮をやめることができない。煩悩具足という言葉の響きは、完成、

 

欠け目なく、常である、ということだと思う。

 

しかし、それを目当てに弥陀の本願、自然のりょうをしらせんがために、

 

お念佛、本願の名号を成就くださった。

 

他に何か必要なものがありますか?何かくずれぬものがありますか?

 

何ひとつないのです。

 

今ここでお念佛を聞かせて頂く、このこと一つで十分なのです。

 

善悪もわからない。自分が何をしたいのか、何をすべきなのかも分からない。

 

そういう者を凡夫と仰った。凡夫は本願のはたらく場所であります。

 

場所がなければ、どうにもならない。どうにもならない自分だからこそ、

 

如来が目を留めて、十方の衆生よ、と喚んで下さった。それだけで

 

よいのではないでしょうか?

 

何を求めておられますか?答えはすぐそばにありますし、常に寄り添い、

 

喚び詰め、立ちづめ、歩みづめであります。

 

如来のお姿から、目に見えぬお慈悲のありたけを頂く。

 

自分はそれだけで十分なのです。

 

本願とともに。南無阿弥陀

 

161227追記

 

先に書いたことも思うままであるが、思った先に、様々な物事への

執着を知らしめられるばかりです。やはり凡夫であるというところに

何度でも戻されてしまいます。そこに痛みを感じることもありますが、

それも一瞬。ただし、わが身我が心に付随する一切は、無常なのであります。

無常を無常と知る。このことはとても大事なことのように思います。

物事の一切は留まることがなく、常に移り変わっていく。

そこに善悪はなく、ただそうなっている、というだけのように感じています。