むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

よろこびも悲しみも貫く

よろこびたいが、よろこぶばかりにはならない。

 

またよろこびだけでおさえられるほど、人間は浅くない。

 

人間は深いものだ。歴史と悲哀を背負っている。

 

明けましておめでとう。幸多からんことを。

 

どうにも違和感を感じてしまう。

 

よろこびも悲しみも苦しみも孤独も、みな大事な自分自身ではないか。

 

思い通りにいくことが幸いではない。

 

佛の本願とは、どうしても自分の宿業から逃れられないもののために、

その者が自由に、笑顔になるのなら、私は総てを捧げよう。

どうか汝は汝自身を大切にするんだよ。

 

この心を法蔵比丘の願心、佛道の根本、浄土の大菩提心

 

弥陀の誓願という。その心が言葉に声に成って今ひとりひとりに響く。

 

それが南無阿弥陀佛、一声の念佛である。如来の血と脂と汗と痛み、

 

まごころが込められている。

 

もう自分だけの思いに閉じこもるわけにはいかない。

 

如何に非力であっても、如来選択の大行をともに

 

往生浄土の道をとぼとぼと歩む。

 

本願とともに。南無阿弥陀