むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

たすけてといえばいい

無縁社会という本を読んだ。

孤独死。老病死。

 

人間には、どうしても超えられない一線がある。

 

ヤスパースは『限界状況』という言葉で表現している。

 

それに対峙したとき、如何に自分が無力であったか、思い上がっていたか、

それらが初めて明らかになる。

 

経済的な格差。勝ち組、負け組。帰る場所がない。

受け止めてくれるものがどこにもない。誰も居ない。

 

どうにもならないなら、たすけてくれといえばいい。

 

一心に弥陀をたのむこともできない身であれば、ただ彼の名を

称えばいい。無量寿佛の御名を称えよ。

 

如来の仰せはただ一つ。我が名を称えるばかりで、たすける。

 

必ず浄土へ往生させる。往生とは始まりと遂げられるときがある。

 

称我名号 下至十声の大悲をそのままいただけばいい。

 

本願とともに。南無阿弥陀