むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

事実と真実は違う

最近感じることがある。

 

それは、人は事実に支えられているということである。

 

事実とは、物質・精神両面において、様々な形をとって関わっている。

 

例えば、富、地位、家族、友、健康。

 

確かに今現在感じうる事実だといえる。

 

しかし、親鸞聖人は真・仮・偽と分けられる。

 

自分が感じている事実は、『仮』である。因縁和合して、仮に存在しているもの。

 

故に、縁が尽きれば和合は消えていってしまう。うつろう。過ぎ去る。離れる。

 

偽は、僕にとってはどっちでもいい。価値のないもの。相手にする必要のないこと。

 

真は、何時でも何処でも誰でも貫く真実、真如のことである。

 

仮を真と邪見し、我が身我が心を憑むゆえに、衆生は苦を受ける。

ずっとそばにいてほしい。ずっと今が続く。そう信じる前に信じている。

故に、それが退転したとき、敗壊したとき、衆生は苦を感じざるを得ない。

 

如実知見とは、ありのまま、そのままを受け入れる、正見することと頂く。

 

真に触れたとしても、仮を真と認識する顛倒から逃れることはできない。

 

顛倒を顛倒と知ることを、如実知見と申す。

 

本願とともに。南無佛