むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

悲しみ歎き

悲しいなと感じることが多い。

 

自分は、そのものを見ることができない。

 

うわべもほとんど分からない。況やそのものをや。

 

自分の判断基準をもって、その人をその存在を区別し、価値づける。

 

それが決して止まない。動きどおしである。

 

そして、欲。湧いてくる欲と衝動。抑えることができない。

 

渇愛というのだろうか。

 

自分が、罪の意識なんていっても、それは僕が分かる感じる範囲の話で

あって、全く意味を成さない。

 

もっと深く、ずっと引きずってきたものがある。だから、

生まれてしまった。

 

生まれる、ということは迷いの存在が生起するということであって、

本来おめでたい、といえるようなことではない、と個人的には思う。

 

生きるということは、それほど重いことだと思う。いのちを奪う。

奪うの後ろには、奪われたものがある。必ず。そのことを忘れる。

 

極重の悪人とはかかるものをいうのであろう。それは誰でもない。

自分自身である。そして、その深さは全く検討がつかない。

 

せめて、ひとを観る努力をしようと思う。せめて。存在として

 

見る努力をしようと思う。たとえできなくても。それが抗う精神だと思うから。

 

ただ、悲しみが痛い。分別が痛い。存在していることが痛い。

 

南無阿弥陀