読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

智慧

どの人も一生懸命生きている。

 

その人がこれで「よい」と思う方向に向かって生きている。

 

それが、何一つ成就しない。敗壊、退転する。

 

どういうことだろう?

 

僕はよく道に迷う。

 

なぜ迷うか?それは、目的地に対して、進むべき方向がどっちか分からないこと、

 

そして、今自分がいる場所がどこかが明確でない。主にこの2つで迷う。

 

人は方向を知らない。だから迷うようにできている。これを無明という。

 

無明に対して、如来は智慧である。智慧とは光明である。

 

向かうべき方向を示し、そこに至る方便をつけてくださっている。

 

仏からの道。

 

念佛往生の道。

 

この道は必ず無量光明土へ至るとよき人は仰る。

 

だから、よき人の仰せをそのまま頂いて、その通り

 

念佛を申し、耳に聞く。

 

方向と自己存在の立ち居地を明確に知る者を覚者、如来という。

 

如来は教法として、道を示してくださる。教法は生きていて、躍動している。

 

血が通っており、今もずっと生きているし、これからも生き続けていく。

 

道は『知っている人』に聞けばよい。『詳しい方』に聞けばよい。

 

ただそれだけである。

 

『分からない人』に聞いても、ただ迷うだけである。分からない人を『凡夫』という。

 

だから、それらをさしおく。それらは、自分が正しいという思いを握って、

 

決して手放そうとしない。地獄の巣は自分が正しいという邪見である。

 

だから衝突が絶えない。だって、両方とも正しいと思っているのだから。

毎日暮らしていて、よく思うことである。

 

故に凡夫ではなく、専ら覚者の仰せを聞く。仰せを聞けば、

 

仰せの通りに至る。佛因佛果。

 

南無阿弥陀