むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

念佛とともに

死にたくはないが、どうしても生きねばならない理由はない。

難儀は嫌だが、それは避けられない。自分のこれまでがもたらしたものだから。

 

宿業や一生造悪、極重悪人という言葉は、誰かに用いてよい言葉ではない。

 

自分が『自分自身』にしか、用いることを許されない言葉である。

 

決して他者に言う言葉ではない。

 

この身には、限りがある。しかし、遇うべきものに今遇うことを得た。

 

だから、果てるなら果てよ。苦しみ、もがかざるを得ないなら、

 

それも引き受けよう。これが最後生なのだから。

 

嬉しかろうがなむあみだぶつ。悲しかろうがなむあみだぶつ。

 

なむあみだぶつをただ称え、ただ聞く。それはすがたかたちなき大悲が

 

あえて形をあらわしたすがた。それを称え聞くのは大悲にふれること。

 

南無阿弥陀佛は変わらない。

 

念佛を申す身に仕上げられたことがもったいない。

手が合わさるのが不思議だ。念佛を申す心など微塵もないが、合掌し、

歩くときも、眠るときも、洗濯を干すときも、風呂に入るときも、

ただ念佛を聞く。それ以外に何もいらない。十分すぎるほど与えられている。

 

往生一定もわが思い。往生不定もわが思い。わが思いに用事なし。

ただ念佛を聞く。

 

唯信仏語 決定依行(愚禿鈔

応信如来如実言(正信偈

 

南無阿弥陀佛