むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

助けるの仰せ

一声の念佛は、汝を必ず助ける、との如来の仰せ。

 

自分の口を通るけれども、自分の行ではない。

 

如来の大行である。

 

大行とは無碍光如来の御名を称するなり(教行信証

 

名となり、声となった如来が今ここで口に称え、耳に聞こえる、

南無阿弥陀佛。

 

南無阿弥陀佛とは助ける、助けるの仰せ。

 

不可称不可説不可思議と仰られるように、言葉も思いも尽き果てて、

ただ南無阿弥陀佛南無阿弥陀佛。

 

称えれば必ず耳に聞こえる。小さな声で念佛を申す。大きな声で称える必要はない。

自分で称え、自分に聞こえる。聞名の行と頂く。

 

仰せに従う。如来に確信があればいい。この身はどうしようもない。

 

この身と情けない心のままに、南無阿弥陀佛南無阿弥陀佛。

自分の思いや悪業煩悩をそのまま貫く。無碍光如来を有難く思う。

 

南無阿弥陀