むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

言葉尽きて

いよいよ言葉が尽きてきました。

 

専ら仰せに従う。

 

それだけであります。

 

乃至十念 若不生者 不取正覚

仏説無量寿経 第十八願 念佛往生の悲願)

 

我が名を称えるばかりで、必ず我が浄土に生まれさせる。

 

汝は念佛を申すだけでよい。一切は弥陀が全責任を負う。

 

必ず汝を助けるの仰せ、これが一声の南無阿弥陀佛。

 

ただ仏語を信じ、決定して行に依る(愚禿鈔

 

行とは如来の大行、即ち南無阿弥陀佛と申し、耳で聞くのみ。

 

念佛を申せば、必ず自分に聞こえる。その一声が必ず助けるの仰せ。

 

よきひとが、念佛は如来の勅命なるぞと、仰るのであれば、

それが何かは全く分からなくても、そのまま南無阿弥陀佛と申す。

 

ただそれだけである。

 

念佛往生は如来の悲願であり、わたしの悲願ではない。

如来がその存在を懸けて、誓っておられる。それが不取正覚のお言葉。

 

その悲願に一切を託す。果たし遂げずばおかないの誓い、

 

さらに重ねて誓われたのは、誰のためか?正しく上げも下ろしもならぬ、

 

このわたくしのためでした。

 

南無阿弥陀