むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

であい

ひとつひとつのであいが、今のわたしをつくっている。

 

これからもつくってゆく。

 

つくりつづけてゆく。

 

あのであいがなければ、いま、ここにあるわたしではなかった。

 

ながしたなみだも、かなしみも、くやしさも、みじめさも、

 

いきどおりも、よろこびも、むなしさも、いまのわたしにつらなっている。

 

あぁ、もったいない。

 

過去も未来も現在もであいがわたしをつくってゆく。

 

なむあみだぶつがわたしをたすけてゆく。

 

たすからぬままたすけられる。そしていま如来まします。

 

南無阿弥陀佛の喚び声を告げ知らせんが念佛なり(藤谷秀道先生)