読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

いのちのともがら

十方衆生とは、みなご縁のある者ということだと思う。

 

われらは、弥陀に助けられるべき存在であり、業が違うので、

 

姿形性格、性別さまざまな違いはあるけれども、

 

生まれてしまった者、必ず死に帰さねばならない者という点において、

 

全く同質のともがらである。世々生々の父母兄弟のお言葉がまことであろう。

 

つまり、上下左右、貴賎、男女、富貧、一切は夢の如し。

それらは、本質ではない。全くのうわべである。

 

決して、本質を見失ってはならない。

 

『原点は出所でもあり、また帰るべき場所でもある』

ご縁のある先生のお言葉を思い出した。

 

我らはうわべで損やら得やら、良いやら悪いやらといって遊んでいる。

本当は何ひとつ知らないし、分からない。

 

如来の仰せに従うべきいのちを、みな生きている。

如来の仰せはただひとつ『わが名を称えよ、必ずわが浄土へ往生させる』

 

どうかすべてのともがらがともに念佛を申してほしい。

 

南無阿弥陀