むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

師に遇えたよろこび

曠劫多生のあひだにも 出離の強縁しらざりき

本師源空いまさずば このたびむなしくすぎなまし(高僧和讃

 

生きた念佛の行者である先生に出遇わせて頂き、

 

とても嬉しく有難く思っている。先生は、苦労を重ねられ、沢山の先生に

 

道を尋ねられ、苦悩し、念佛に貫かれた方である。

 

先生は物静かであるが、常に聞く方に回られている。

 

とても謙虚であり、あたたかいお心を掛けてくださる。

 

先生をそのまま真受けする、単に尊ぶのではない。

 

妄信するのではない。

 

先生を先生たらしめている法の力、本願の力を、

 

先生を通して頂くのである。

 

遇い難い先生に出遇わせて頂き、ともに念佛聞法させて頂く。

 

この上ない、ありがたい時間である。

 

南無阿弥陀