むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

聞思

しばらく疑問を至してついに明証を出だす(顕浄土真実教行証文類 信巻)

 

親鸞聖人の聞思の姿勢を感じる。

 

言葉を掘り下げる、文章は行間を読む、仏法に体当たりをする。

 

専ら念佛を聞く。

 

僕には、時々このようなことに浸る時節があるようです。

 

止観、観察の態度。実相を凝視する。

 

また暫くペースが落ちると思います。全休様が取り上げてくださる、

 

香樹院語録あるいは他の念佛者の語録、あるいは、お聖教に浸ろうと思っています。

 

そして、実生活を縁として、仏の心を尋ねてみたいと思います。

 

言葉に表すというより、言葉から心を見出す作業というか、うまく

言葉になりませんが。ではまた。

 

南無阿弥陀